So-net無料ブログ作成
検索選択
ラグビー ブログトップ
前の10件 | -

ワラビーズ来日決定! [ラグビー]

オーストラリアラグビー協会(Australian Rugby Union、ARU)は15日、同国代表が来年11月4日に日本国内で日本代表とテストマッチを行うことを発表した。現在のところ会場は未定。

 ARUのビル・プルバー(Bill Pulver)会長は、「この試合は、W杯を前にして、日本で行われるテストマッチの雰囲気をワラビーズ(Wallabies、オーストラリア代表の愛称)に教えてくれるだろうし、来年の欧州遠征とイングランド戦の足掛かりになるだろう」と語った。

 両国はこれまで、通算4回のテストマッチを行っている。直近では、フランス南東部リヨン(Lyon)で開催された2007年のラグビーW杯(2007 Rugby World Cup)で顔を合わせ、オーストラリアが91-3で勝利を収めている。

 またオーストラリアは、2009年のブレディスローカップ(Bledisloe Cup)で一度来日しており、その時はニュージーランドと対戦している。(c)AFP

 
今日の夕方うちの弟からLINEで届いたこのニュース
 
なんとあのワラビーズが久々の来日で、日本代表と試合を行うそうです。試合はまだ1年近く先ですがそれでも世界トップクラスのワラビーズとの試合が出来るなんて久々のビッグニュースですね(*^_^*)
 
ちなみに私は過去2度ワラビーズを目の当たりにしており、上の記述にもある2009年のブレディスローカップも見に行きました。
 
いやー今もはっきりとあの試合のことは覚えており、世界トップの2チームがガチンコするとこうなる!という本当にものすごい試合でした。
 
来年のテストマッチは2019年のワールドカップを前に両チームとも現在の実力や新戦力のテストなど試したいことが様々あると思いますし、思わぬ新戦力なんて言う発見もあるかもしれません。ほんと今から楽しみです^^
 
出来れば秩父宮で開催してほしいのですが、いかんせん秩父宮の収容人数は3万ちょっとと国際試合をするにはちと寂しいのですが、しかし試合を見るなら秩父宮ほど見やすいところはなく、選手の息遣いなんかもはっきりと聞こえますのでできれば秩父宮でと切に願います。
 
ところで、このニュースに興奮したうちの弟
rugby.jpg
こんなLINEが届いたのですが、興奮のあまり「ラワビーズ」という名称になっています・・・・
 
当然「ラワビーズってどこのチームだい?」と返信してやりましたよ(ΦωΦ)フフフ… 

nice!(65)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

平尾誠二さん死去 [ラグビー]

今日ニュースで報道されましたが、日本ラグビーを支えてきた平尾誠二さんがお亡くなりになりました。53歳という若さでした。

このニュースを最初ネットで見たとき思わず大きな声で「え!噓でしょ!!」と言ってしまいました。それくらい大きな衝撃でした。

平尾さんといえば京都伏見工業高校から同志社大学、そして神戸製鋼へと進み、日本代表でも活躍され、まさにミスターラグビーという名前にふさわしい、これまでの日本ラグビー界を支えた方です。ちなみに伏見工業高校はあのスクールウォーズのモデルとなった高校で、平尾さんもそのモデルの1人と言われています。

また現役引退後は日本代表監督としても活躍され史上最年少34歳という若さで日本代表監督になられていました。その後も神戸製鋼の総監督、ゼネラルマネジャーと歴任されまさに「ミスターラグビー」という名にふさわしい活躍でした。

しかし所属の神戸製鋼から病気療養中だったということが明らかにされ、10月20日の午前に逝去されたということでした。 

ニュースを知った後、弟とLINEでやり取りをしていたのですが、やはり2019年のラグビーワールドカップ日本大会を見たかっただろうなー、ほんと惜しい方を亡くしたなーと2人そろってかなりのショックを受けております。

私は何度か平尾さんを拝見したことがあり、代表戦などで秩父宮に行っているとよくお見掛けしていました。端正なマスクと口ひげが目立つため遠くにいてもわかるカリスマのある方でした。 

21時のNHKニュースもトップでこのことを取り上げたようで、まさに日本ラグビー界にとって衝撃的なニュースでした。しかしここで私たちに出来ることは2019年は平尾さんの分まで盛り上げないと!ということだと思っております。

心よりご冥福をお祈りします。 

Mr Rugby.png 

追伸

サファイヤ師匠がこのニュースで落ち込んでいないか心配です。師匠みんなで平尾さんの分までワールドカップ盛り上げましょうね 


nice!(60)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロスプーマス来日! [ラグビー]

公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(会長・岡村正、東京都港区)は、日本代表とアルゼンチン代表の試合が決定しましたので、下記の通りお知らせします。

アルゼンチン代表は1998年9月以来の来日で、昨年イングランドで行われたラグビーワールドカップ2015では4位、ワールドラグビーランキング7位(8月31日現在)の強豪チームです。

なお、この試合のチケットの一般発売は、9月下旬頃を予定しております。チケット情報につきましては決定次第お知らせいたします。~JRFU HPより~
UAR.png 
 
なんと今年の11月、ラグビー日本代表が強豪アルゼンチン代表(通称ロスプーマス)と対戦することが発表されました。
 
ロスプーマスといえば昨年のワールドカップでは4位で、2012年よりオールブラックス、ワラビーズ、スプリングボクスと「ラグビーチャンピオンシップ」を開催しており、現在のワールドランキングは7位。
 
ラグビーをあまりご存じない方は「アルゼンチンってラグビーするんだ~」くらいに思われるかもしれませんが、かなりの強豪国です。
 
そのロスプーマスと日本代表が対戦する、それも日本代表はジェイミー・ジョセフ新HCの初陣となるこの試合、これはもう見に行くしかないでしょう!
 
ちなみに試合は
 
■「リポビタンDチャレンジカップ2016」テストマッチ 日本代表 対 アルゼンチン代表

○11月5日(土) 14:40キックオフ         @東京・秩父宮ラグビー場 
 
となっておりますので、興味のある方は是非!と言いたいところですが、昨年のワールドカップでの日本代表の活躍もあり、このチケットも入手困難な気がしますねー。たしか秩父宮のキャパは3万数千だった気がするのですが、チケット争奪戦になること必至なので、弟と事前協議を重ねたいと思います。
 
いや~ロスプーマスが見られるかもなんてほんと幸せですね(*^_^*) 

nice!(69)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

7人制ラグビー男子の大金星 [ラグビー]

昨日リオオリンピックでの7人制ラグビー(以下“セブンス”と表記)女子代表のことを書きました。

女子は残念ながら12チーム中の10位という結果でしたが、それでも4年後につながる大変素敵な試合内容だったと思います。

そして昨晩いよいよセブンスの男子代表の試合が始まったのですが、日本代表の初戦の相手はニュージーランド

15人制では2011年・2015年とワールドカップ連覇を果たし、世界ランキングも堂々の1位というまさにラグビーの頂点に君臨する存在!

そしてセブンスでも過去の国際大会で何度も優勝している強豪で、ニュージーランド代表のメンバーには2011年の優勝メンバーソニー・ビル・ウィリアムズまでいるという豪華なメンバー。

正直胸を借りるつもりで!と事前に弟とLINEしていたのですが、

IMG_8461.jpg

まさか、まさかの逆転勝利!!

あまりの驚きに「日本代表がニュージーランド代表に逆転勝利」という日本語の意味が一瞬理解できなくなる、という状態でした(;^ω^)

いくらセブンスとはいえ、まさか勝てるなんてことないだろうと高を括っていた私たち兄弟は只今深く反省中です<m(__)m>

ただ残念ながらそのあと行われたイングランド戦ではかなり惜しい負けを喫して今いましたが、もしかしたら何か大きなことをやってのけるんじゃない!とドキドキワクワクしております^^

追伸、うちの弟は趣味がラグビーのユニフォーム収集で、かなりマニアックなユニフォームを持っており、一緒に試合を見に行くと「もしかしてそれルーマニア代表?」とか「それフィジー代表のアウェイユニフォーム?」とか通じゃないと分からないユニフォームを着てきます(*'▽')


nice!(62)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

7人制ラグビー女子決勝は [ラグビー]

只今世間を大いに賑わしているリオオリンピック。

柔道で金メダルが出たり、体操男子団体で金メダルなど、否応にも盛り上がってきます^^

そんな中、いよいよ7人制ラグビー男子の初戦が始まるのですが、初戦の相手はなんとニュージーランド代表・・・こればっかりはもう「当たって砕けてこい!」と思うしかありません(;^ω^)

そして、実は女子の7人制ラグビーはすでに始まっていてというか決勝戦も終了しております。

ちなみに日本代表の結果は

sevens.png

10位という結果でした。

今回の大会で得た貴重な経験を2020年にぜひ生かしてもらいたいと思います。

そして、タイトルの通り女子の決勝戦は

sevens resuit.png

オーストラリア代表VSニュージーランド代表の試合で、オーストラリア代表が24-17で優勝しました。

この話題を弟とLINEしていて、やっぱりラグビーって7人制になっても、女子になってもこの国が強いんだね~と話していました。

7人制ラグビーって通常の人数の半分以下しかいないため、戦略戦術は全く違ったものになります。そのため国際大会とかでは機動力にものを言わせたフィジー代表とかが好成績を収めたりするのですが、きっちり決勝に上がってくるこのオーストラリアとニュージーランドはやはり違うな~と感心します。

しかし2020年東京大会では日本代表が今大会以上に大活躍をしてくれると信じて日本ラグビーを盛り上げていきたいと思います^^ 

ね~サファイヤ師匠!(^^)! 


nice!(59)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スコットランド戦観戦日記 [ラグビー]

ということで25日に味の素スタジアムで行われた、テストマッチ日本代表VSスコットランド代表戦を観戦して来ました。

もともと仕事で行けない予定だったのですが、せっかくの試合やっぱり見たいな~と思っていたら、土曜日想像以上に仕事が早く終わりそうな感じで、これなら間に合うかも?とお昼ごはんもそこそこに仕事を行い、奥さんと弟に連絡をし早々に仕事を終え、埼玉を出たのが17時。

map.png 

乗り換え含めて味の素スタジアムの最寄り駅飛田給駅までは約1時間半で着く予定。これなら19時20分のキックオフに間に合うな~と思い、弟とは飛田給駅で待ち合わせることにして電車に乗りました。

秋葉原から御茶ノ水へ出て、そこから中央線で新宿へ、新宿で京王線に乗り換えたら「この電車は臨時で飛田給駅へ停車します」というアナウンスも流れ、これならバッチリでしょ^^とウキウキしていたところ、電車が笹塚駅に止まったところで「この先で人身事故が発生しました、電車しばらく停車します」というアナウンスが(・_・;)

え?人身事故??と思っていたら弟からLINEで「人身事故発生」というメッセージが入りました。すぐ弟に電話したら弟は少し先の明大前駅で電車が止まったらしく、にっちもさっちもいかない状況だそう。

そうしていたら車内アナウンスで電車は当面動く見込みが無いため回送になるので全員降りてください、となり。やむおえず電車を降り、一旦新宿へ戻りました。

味の素スタジアムの最寄り駅である飛田給駅へは京王線しか乗り入れておらず、どうしようか?と悩んでいたのですが、新宿駅の京王線ホームは人でごった返しており、一旦どこかへ避難しようと京王デパートの中で涼みながら弟と連絡を取り合い、1時間位で動くって言っているからとりあえずこのまま新宿駅で待機しようという事になり、弟と新宿で合流し電車が動くのを待ちました。

そして19時20分過ぎに電車は動き出し飛田給駅についたのは20時ちょっと過ぎ、駅にはこれからスタジアムへ向かう人でごった返しており、私達も急いでスタジアムへ向かいスタジアムについたのは後半開始5分過ぎた頃。

味の素スタジアムは赤一色で、秩父宮とはかなり雰囲気が違います。日本コールが起きたり、スクラムの時には大きな拍手と歓声が起きたり、あれ?ラグビーってこんなに盛り上がっていたっけ?と弟と話をしながら試合を観戦します。

私達が入場した時点で日本代表は13-9とリードしており、そこからPGで3店追加しスコアは16-9。このまま得点を重ねて勝利を!と思っていたのですが、後半の日本代表はミスがかなり多くそこからPGを4本決められ最終的には16-21の逆転負け。(試合の詳細は私の師匠であるサファイヤさんのブログのほうが分かりやすいのでそちらをどうぞ)

何度もチャンスがあったのですが決めきれなかったのが本当に痛かったですね。しかしスコットランド代表も勝利はしたものの、トライなしのPG7本という世界ランキング8位にしてはちょっと情けない試合。南半球のチームだったら、PGなんか狙わずにどんどんトライを狙ってくるんだけどな~と弟と話しをしていたのですが、ただ昨日の日本代表はスクラムも互角、昨年のワールドカップで見せた低いタックルも健在で、焦りがあったのも事実だと思います。

またスタジアムの雰囲気も以前とはかなり変わっていて、「こんなにラグビーファンいたっけ?」と思うほどの人で溢れており、選手への歓声はもちろんのこと、後半最後中々ラインアウトの列につこうとしないスコットランド代表にブーイングを行うなど、2019年へ向けてかなりいい手応えを感じました。

ただやっぱり最初から見たかったな~というのが正直なところで、まさかあのタイミングで電車が止まるとはねーと奥さんと弟と3人で笑いながらスタジアムをあとにしました。 

やっぱりラグビーは面白いですね、皆さんもぜひ一度スタジアムへ足を運んでみてください^^ 


nice!(77)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

テストマッチ スコットランド戦 [ラグビー]

事前に「仕事で行けなくなった」ってブログに書いておきながら、どうしてもラグビーが見たくなって、何とかならないかなーと思っていたら、仕事が思いの外早く終わって、これなら行けるかも!!と急いで味の素スタジアムへ向かいました。

その途中色々とあったのですが、それはまた明日という事でm(._.)m

image-20160625233813.png

土曜のラグビー観戦は中止 [ラグビー]

今週の土曜日、以前書いたとおり

日本代表テストマッチ2016 日本 vs. スコットランド

が味の素スタジアムで開催されるので、それを奥さんと弟と3人で観に行く予定でした。 

しかし土曜日急遽仕事になってしまい、観戦が中止になってしまいました(T_T)

キックオフが19時過ぎなので、もしかしたら間に合うかも・・・とちょっと思ったのですが、今回の試合会場が調布の味の素スタジアムなので、茨城で17時過ぎに仕事が終わってそこから調布というのはかなり厳しい><

ちなみにこの試合、天皇皇后両陛下がご観戦される天覧試合となっており、同じスタジアムで君が代の斉唱をしたかったなーとかなり残念です。

ただ、やはり腑に落ちないのは今回の会場が「味の素スタジアム」ということですね。現在国立競技場がなく、この日秩父宮は何に使っているかというと

EVENT.png

青山外苑前商店街振興組合さん主催の「第23回郡上おどりin青山」・・・・・

青山外苑前商店街振興組合さん譲って~m(_ _)m

ていうか、日本ラグビー協会何やってんの!昨年のワールドカップの雪辱戦となるこの大事なスコットランド戦のスタジアムとして秩父宮が使用できないってどういうこと!!

秩父宮だったら少し仕事を早く切り上げて、ふっ飛ばせば19時に間に合うのに・・・

仕方ないので、日曜日弟を誘って竜泉寺の湯に行ってきます。  


リポビタンDチャレンジカップ2016〈日本代表対スコットランド代表戦〉 [ラグビー]

昨年のワールドカップでの活躍の記憶も新しいラグビー日本代表ですが、6月に昨年のワールドカップでも対戦し、唯一負けを喫した相手スコットランドとの試合が行われます。

それが 

リポビタンDチャレンジカップ2016〈日本代表対スコットランド代表〉

なのですが、そのチケットが4月22日より先行販売開始となりました。

昨年のワールドカップの盛り上がりとおととしオールブラックス戦のチケットを取るのに大変苦労した記憶があるので、これは販売開始と同時に申し込まないと売り切れ必至だな!!と思い、チケット販売開始数分前よりちょっと仕事を抜け出してiPhoneとにらめっこです。

ちなみに今回の試合、6月18日(土)に愛知県の豊田スタジアム、25日(土)に東京の味の素スタジアムで開催されるのですが、やはり国立競技場が改修中で使用できないのはしょうがないとしても、なぜ秩父宮で行わないのでしょうか?

まあそれは一旦置いといて、チケット申し込み開始の10時にすぐにチケットぴあにアタックし自由席を3席申し込んだのですが、今回はあっさりとチケットの予約に成功しました!(^^)!

とりあえず弟とうちの奥さんに「チケット無事押さえました」というLINEを送ったところ、弟から「キックオフは19時過ぎだけど、この日の動きは?」というメッセージが返ってきました。

え?キックオフが19時過ぎ?と思って再度チケットぴあのサイトをのぞいたら

scottland.png

開演が19時20分となっていました。

いや~ナイターなんて久々だなーと思っていたのですが、確かにこの時間からのキックオフでかつ味の素スタジアムの開催ですので、試合を見に行くイメージが全く思いつきません。

いつもの秩父宮での試合だったらキックオフの時間に合わせて弟と何時にどこで待ち合わせと簡単に決められるのですが、そもそも味の素スタジアムってどうやって行くのかさえ分かってない私たちにはスケジュールの立てようがありません。

今のところちょっと離れていますが、竜泉寺の湯八王子みなみ野店があるのでそこでゆっくり時間をつぶそうかな~などと考えていますが、そこは弟と相談して決めようと思います。

ていうか、上の画像でもわかる通り現在

SS席、S席以外まだまだ席は空いております

うーん仕事をこっそり抜け出してチケット取ったのに・・・(;´・ω・) 

まだまだラグビー熱を盛り上げていかないといけませんね('◇')ゞ 


nice!(64)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シックス・ネーションズ開幕! [ラグビー]

2月6日からヨーロッパ最強を決める、ラグビー6か国対抗戦「シックス・ネーションズ」が開幕しました。

ご存じない方がほとんどだと思いますので、簡単に説明すると「シックス・ネーションズ」とは

ラグビーのヨーロッパ最強、いわば北半球最強を決める戦い、それが6カ国対抗「シックス・ネーションズ」である。

起源は19世紀後半のイングランドvsスコットランド戦。ラグビーで最も歴史ある国際大会でもある。1882~1883年からラグビーの母国「ホーム・ネーションズ(イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランド)」の間で4カ国対抗戦が始まり、1910年にはフランスが加わり「ファイブ・ネーションズ(5カ国対抗)」になった。2000年からはイタリアが新たに参加し「シックス・ネーションズ」となった。

シックス・ネーションズは、毎年2~3月にかけて6カ国の総当たり戦(各国5試合)で行われる。ホームの試合は持ち回りとなっており、ホームが3試合になるか2試合になるかは年によって異なる。

順位決定方法は勝ち点制だが、ワールドカップなどとは勝ち点数が異なる。シックス・ネーションズでは勝利=2点、引分=1点で、ボーナスポイントはない。勝ち点で並んだ場合には、1993年から得失点差で順位を決める。それでもなお、順位が決まらない場合は総トライ数で決まり、総トライ数が同じ場合は優勝を分け合う。(WOWWOWより引用)


この6か国がヨーロッパではランキング上位の国で昨年のワールドカップでもスコットランドやウェールズ、フランスは決勝トーナメントに進出しましたし、予選リーグで敗退したイングランドは新しいヘッドコーチに前日本代表ヘッドコーチのエディ・ジョーンズ氏を迎えています。

只今開幕戦のフランスVSイタリアの試合を見ながらこのブログを書いているのですが、なかなか面白い試合でワクワクしながら見ています。

個人的にはやはりイングランド代表が昨年のワールドカップからどのように変わったのか、またウェールズが好きなのでどんなラグビーを見せてくれるのか、とても楽しみです^^

6nations.png 


nice!(58)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - ラグビー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。